不動産担保ローンの一種である住宅ローンですが、不動産担保ローンはその名の通り不動産を担保にしてお金を借り入れるものです。

その中でも住宅ローンは、住居として利用する不動産の購入に要する金額を銀行から借り入れるものです。

住宅ローンの借り入れを銀行から行うということは実はとても大変なことで、様々な書類を提出して金融機関の審査を受け、承認されて初めて住宅ローンを借り入れることが出来るのです。

住宅ローンの審査に必要な書類は、住宅ローンを契約する人、すなわち借り入れたローンを返済していく人の所得証明書や勤続年数が分かる書類、また勤続証明書などや住民票、印鑑証明といったものと、住居となる土地や建物の測量図や建物の図面、登記事項の証明書などといったものです。

これらの書類をまとめて住宅ローンの借り入れを申し込む金融機関に提出し審査してもらうのですが、実は審査は金融機関ではなく保証会社が行っています。

●不動産担保ローン相談窓口http://www.abcsunny-loan.com/